PS2

プレイステーション(PS)の後継機として開発され、日本では日付の語呂にあわせて平成12年3月4日に発売開始された。発売から3日で98万台の販売台数を記録。2005年11月には全世界で1億台の生産出荷台数を記録した。なお、発売当初は「兵器転用の恐れがある」として輸出規制の対象となるほど使用部品の性能が高かった。PSと同様に、ユーザー間では「プレステツー」「プレツー」と略されることが多いが、自社製品内での記載では一貫して「ピーエスツー」としている。
外観デザインは初代PSやVAIOシリーズの本体デザインおよびロゴデザインなどを手掛けた後藤禎祐による。極めて直線的な形によって、従来の家庭用ゲーム機に多い「横置き」と、発売時点では他にはPC-FXくらいしか例がない「縦置き」が出来るようになっている。なお、縦置きの際には転倒防止のため別売の専用スタンドを併用することが推奨されていた。
DVD-ROMドライブを搭載し、USBやi.LINK端子といったパソコンと同じインターフェースも備え、USB端子はキーボードやUSB、マイクを利用したゲームなどに使用された。逆にUSB端子以外の使用頻度が低い端子は、本体の型番が上がるにつれて削除されていった。Graphics Synthesizerは4MBのDRAMをチップ内に形成している。従来は論理LSIとDRAMを同一チップ上に形成するのは製造プロセスの違いから難しいとされており、当時としては大容量のDRAMを用いたDRAM混載LSIの先駆け的存在となった。
起動と同時に表示される柱の数には仕掛けがある。次世代機PS3の画面のインターフェイスを担当した平松修治によると、起動時にメモリーカードの中のタイトル起動回数を読み込みその数に応じて柱の数が変わるという。ちょうど、一般家庭の使用状況下においてPS3の発売時期に画面いっぱいに柱が立つようになっている。
2004年11月3日には軽量・薄型化された新型のPS2が発売された。

おすすめ情報

DVDプレイヤー

DVDビデオの普及期に単なるゲーム機ではなく、DVDプレーヤーとして活用できるゲーム機として登場したことは、DVDの普及に大きな弾みを付けることとなった。また、発売当初の39,800円と言うメーカー希望小売価格は既存のDVDプレーヤーと比べて格段に安く、DVDプレーヤーの低価格化の火付け役となった。2000年代後半以降はDVDレコーダーの普及により単体DVDプレーヤーの需要が減っている上、プレーヤーの価格も最も安いもので4,000円前後まで低下している。
ゲームソフトにおいてはCD-ROMが採用されたのは初期のものが殆どであり、ゲームデータの複雑化・大容量化に伴って大多数のソフトがDVD-ROMでの供給となっている。また、片面1層のDVD-ROMでは間に合わず2層ディスクや複数枚のディスクを採用したソフトもある。
ちなみに、多くのDVDプレーヤーやDVDレコーダーに対応しているMP3には対応していない。

お気に入り