PS3

同社が発売したゲーム機であるプレイステーション及びプレイステーション2の後継機として開発された。発売日は2006年11月(日本・北米)と2007年3月(欧州・豪州)。
ソニー、パナソニックなどが共同して開発した光ディスク規格であるブルーレイディスク、高品質なデータ転送が行えるインタフェースであるHDMIの採用、1920×1080の高精細の解像度に対応するなど、世界的な高精細度テレビジョン放送の移行に伴う形で進化が図られ、また、プレイステーション3の頭脳的役割を果たすCell Broadband Engineは複数の処理を並列的にこなすことで非常に高速かつ高度な処理を可能にした。
プレイステーション3の存在が公になったのは、2005年5月16日にアメリカ・カリフォルニア州で催されたコンピューターゲームの見本市であるElectronic Entertainment Expo(以下、E3)であった。
このときは試作品としての公開だったが、筐体は後に発売された製品とほぼ差異がなく、外部接続の端子類にのみ細かな違いがあった。コントローラーは柄が長いものが公開されたが、製品に付属されたのは従来のデュアルショックのデザインを踏襲したシックスアクシスとなった。
2006年5月に開催されたE3にて正式なデザイン、スペックと価格が発表されるとともに、発売日が11月中旬(日本では11日、欧米では17日)へと延期されることになった。発売されるモデルはハードディスクドライブ容量が20GBと60GBのふたつであり、両者にはハードディスクドライブの容量以外にも細かな違いがあった。スペックについて当初は20GBモデルにHDMI端子は非搭載とされたが、HDMI端子を搭載したテレビ受像機の加速的な投入を受けて急遽20GBモデルにも搭載することとなった。
発売2ヶ月前となる2006年9月、PAL地域(欧州の一部、ロシア、中東、アフリカ、オーストラリア)での発売が再々延期された。これにはブルーレイの読み出し装置に使われるレーザーダイオードの生産計画に遅れが出たためとされた。このことは日本や北米地域にも波及し、日本では初回出荷が8万台程度にとどまり、またSCEアメリカの最高経営責任者が「北米地域では2007年の4月あるいは5月までに在庫として製品が確保できるだろう」と語るほどであった。
2007年11月11日に40GB/CECHH00モデルが投入された。このモデルは大幅なコスト削減が図られたが、その代償としてプレイステーション2用ソフトの実行機能などが削除された。
2009年9月1日には、内部部品の改良により軽量・薄型化が図られた120GB/CECH-2000Aモデルが発売された。

おすすめ情報

ブルーレイディスク/ドライブ

ソニー/パナソニックなどが提唱する次世代DVD規格である「Blu-ray Disc (BD)」を採用。北米での次世代DVDの規格争いにおいてBD陣営の強力な牽引役となり、HD DVDを撤退に追いこむ要因の一つとなった。
容量8.5GB(2層)のDVDに比べ、BDは大きい記録容量(25GB/50GB/100GBが開発済み。200GBが開発中)を持つため、ゲームが記録容量の制約を受けにくくなった。ゲームによってはDVDでも容量は足りるが、著作権保護などを考慮し、全作品がBDを採用。BD-ROMの他にBD-RとBD-REの読み出しも可能。CPRM・AACSに対応、読み取り専用で書き込み不可。2008年3月のシステムソフトウェア バージョン 2.20で、記録膜に有機色素を採用したLTHタイプのBD-Rを正常に認識するようになった。
BD再生において専用のプレーヤー/レコーダーと比しても遜色ない性能を持っている。システム更新により無償で劇的に機能が向上する点はAV機器としては革新的で、特に2007年5月のシステムソフトウェア バージョン 1.80ではBDの1080p/24 Hz出力とDVDのアップコンバートに対応、高価な民生機に匹敵する画質と評価する向きもある。この機能は、本来SD画質のDVDがHD画質と同レベルにみえるほど性能が高い。HDMI搭載のハイビジョン対応テレビがあれば、BD再生だけでなくDVDのアップコンバートなどで多くのユーザが恩恵を受けられる。

お気に入り